インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター内藤 朋子のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター内藤 朋子のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 愛犬ちゃおの物語

愛犬ちゃおの物語

  • 最終更新日:2012-03-04(日)18:13
  • 2009-06-11(木)18:36

campeyikちゃおは10歳頃からちょっと太りぎみ、あまり元気もなく、
そろそろ、おばあちゃんに突入! と思っていたら、

毎日朝夕の散歩の、ウンチくんのたびに泣き叫ぶようになりました。

どうやら‘痔?”らしい…

しばらくしてからのある日、おなかをマッサージしてから散歩に出ると、

小さな魚の骨らしきものが束になってウンチくんといっしょに出てきました。

これが肛門付近に刺さっていたらしいのです。

これじゃあ痛いはず!

動物は少々痛いぐらいで声を出したりしないそうなので、そうとう痛かったようです。

病院でおくすりをもらったり、注射を打ってもらったりしましたが、

それからも毎日、虐待されているかのように泣き叫ぶのはあいかわらずで、

ご近所に迷惑でもあり、手術で肛門をとってもらうことにしました。

これで安心かな? と思っていたのもつかの間、

また泣き叫ぶんです。 こっちが泣きたいよ~!!!

こんな日がつづいてそろそろ15歳という頃、

母親が、おからを食べさせると良いらしいとどこからか聞きつけて、

早速、野菜や肉といっしょに煮て食べさせると、

あっら~!  ウンチくんがフワフワで痛くな~い!!!

ちゃおはみるみる元気になり、生まれ変わったかのようにイキイキ、ツヤツヤ、

以前から食欲旺盛でしたが、元気すぎて体重が5kgも減っちゃいました。

一時はあきらめようかとも思いましたが、                  
5月5日生まれのちゃおは、すっかりわたしの子供ようです。

みなさんに応援していただいたちゃお、18歳と7カ月

2011年12月2日の朝、永眠いたしました。 こころの中でいつも一緒です!

 

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > 愛犬ちゃおの物語

カレンダー
« 2017 年 2月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
QRコード
リンク
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る